デブのスキー術

このサイトのメインコンテンツ(のつもり)です。

私(筆者)はスキーヤーとしてはかなりの体重過多(デブ)です。

一般的に言われているスキー技術のセオリーは、あくまで標準的な体格の人向けで、自分のようなデブがスキーで滑るときには、それとは一部異なるドクトリンが必要なのではないか?

スキーをある程度本格的にやり始め、上達ということを目指してきた過程で、ぼんやりとこのような考えを抱くようになりました。その考えを、できるだけ具体的・物理的に検証していけたらと思います。文系素人に可能な範囲で。

そういうわけですので、各記事の中で理論めいたものが書かれていても、それはあくまで「デブ専用」の理論であるという点にご留意ください。また、それらは私自身のみをサンプルとした(n=1)実証性しか持たないので、「自分以外のデブにも適用できるか」は未検証である、という点もご承知おきください。

記事は随時追加中。

全記事をブログ形式で見るにはこちらをクリックしてください。

デブのスキー術

メインの記事たちです。

X脚問題シリーズ

私(筆者)はデブである他、X脚でもあります。X脚がスキー滑走に及ぼす影響、X脚の原因や矯正の可否、その実践記録など。

その他

デブとは直接関係無いけれど、スキー滑走について考えていることや実践していることをメモしています。