2018-19モデル試乗レポート一覧

ショート系の板を試乗しました。試乗日のコンディションなどは各記事の中で。

リンクが「よませ」のものは、過去に私自身がtwitter(@fatyamaya2017)に投稿したものの再掲です。

【試乗レポ】Völkl RACETIGER SL WC(165cm)@よませ

投稿者: | 2018年4月4日

twitterに投稿したものの再掲です。

試乗者プロフィール

  • 身長180cm、体重90kg
  • SAJ1級
  • レーシング入門者

試乗会概要

  • 試乗日:2018年3月24日
  • 会場:よませ温泉スキー場
  • コンディション:サブサブのザラメ

VölklのSL板。

これはなかなか手ごわい一台。角付けするだけでギンギンに曲がって走るので、たわませたらさらに凄いことになりそうだったけど、怖くて踏み込んでいくことができなかった。

ザブザブに荒れた雪の「中」ではなく「表面」を走破していくようなフィーリングが独特で、最初は戸惑ったけど、慣れたらその爽快感に病みつきになる、かもしれない。

【試乗レポ】BLiZZARD FIREBIRD SRC(165cm)@よませ

投稿者: | 2018年4月4日

twitterに投稿したものの再掲です。

試乗者プロフィール

  • 身長180cm、体重90kg
  • SAJ1級
  • レーシング入門者

試乗会概要

  • 試乗日:2018年3月24日
  • 会場:よませ温泉スキー場
  • コンディション:サブサブのザラメ

先に紹介したFIREBIRD SRC WC-PISTONと同じ板で、プレートを一般向けのものに換装した製品。

WC-PISTONモデルと比べると、同じ板とは思えないぐらいマイルドになってて驚き。NordicaのSLRとだいぶ近いフィーリングかな。

マイルドといっても、「仕掛けて・踏み込み・たわませる」ノルブリ系のマニュアル的な操作感覚は健在で、標準的な体格の人であれば十分に刺激的な一台だと思う。また、自分のようなデブにとってみても、コブも視野に入れるんであればこっちの方が良いかもしれない。

【試乗レポ】HEAD WC REBELS i.SL(165cm)@よませ

投稿者: | 2018年4月4日

twitterに投稿したものの再掲です。

試乗者プロフィール

  • 身長180cm、体重90kg
  • SAJ1級
  • レーシング入門者

試乗会概要

  • 試乗日:2018年3月24日
  • 会場:よませ温泉スキー場
  • コンディション:サブサブのザラメ

HEADのSL系セカンドモデル。

乗り味は、まあ普通かな。あえて印象を語るなら、「グリップ状態」と「リリース状態」の間をデジタルに切り替わりながら進んでいく感じ。別にだから滑りにくいとかそういうのは無く、単に好みの問題と考えていいでしょう。

スイートスポットが今の板(NORDICA)と少し違うのか、あるいはシビアなのか、たまに外脚を踏み外して外スキーが遅れてしまうことがあった。これも慣れの問題でしょう。

【試乗レポ】BLiZZARD FIREBIRD SRC WC-PISTON(165cm)@よませ

投稿者: | 2018年4月4日

twitterに投稿したものの再掲です。

試乗者プロフィール

  • 身長180cm、体重90kg
  • SAJ1級
  • レーシング入門者

試乗会概要

  • 試乗日:2018年3月24日
  • 会場:よませ温泉スキー場
  • コンディション:サブサブのザラメ

BLiZZARDのSL系セカンドモデル。

これはすごい!何かすごいかって、捉えの早さが他の板とは格段に違う。

春のザブザブ雪でも、谷回りからフォールラインにかけての「ここで加圧したい!」っていうタイミングにジャストでグリップしてくれる。もちろんその後の走り・抜けも完璧。

ずらしの性能は試せなかった(なにせちょっとでも油断するとどんな板だろうと勝手にずれていくような雪質だったので)から、ハードパックやアイスバーンでは相当手強い板に化ける可能性もあるけど、少なくともこの日のコンディションでは、試乗した全板中お気に入り度ナンバーワン!

【試乗レポ】NORDICA DOBERMANN SL R(165cm)@よませ

投稿者: | 2018年4月4日

twitterに投稿したものの再掲です。

試乗者プロフィール

  • 身長180cm、体重90kg
  • SAJ1級
  • レーシング入門者

試乗会概要

  • 試乗日:2018年3月24日
  • 会場:よませ温泉スキー場
  • コンディション:サブサブのザラメ

NORDICAのデモショート系トップモデル。あるいはSL入門機種的な位置づけの製品。

実は昔から、「いつかはクラウン」ならぬ「いつかはSLR」と憧れていた板。

実際乗ってみると…あれ、意外と滑りづらい…。

板を角付けしてからグリップするまでのタイムラグというか、「フワッ」とした時間が長い感じ。フォールライン向いたときに横方向に加圧しようとしてみてもなかなか反応してくれない。当日1本目の試乗だからかなと思い、数機種試乗した後に再度乗ってみるも、同じ感覚。グリップしてしまえば安定感はあるんだけどね。

でも、デザインは今年モデルよりかっこよくなったね。昔の派手派手なNORDICAが好きだから、ビビッドな色合いが多少復活してくれたことは嬉しい。(今年モデルはまるでレンタルスキーみたいなデザインだもんな…)