日記」カテゴリーアーカイブ  (このカテゴリの記事一覧を表示)

2017-18シーズン振り返り データ編

投稿者: | 2018年5月9日

5月5日の志賀高原横手山・渋峠での滑走をもって、2017-18シーズンのスキーを終了しました。

滑走日数 36日

昨2016-17シーズンとぴったり同じ日数でした。

年々滑走日数は減少傾向で、最後に40日を超えたのは2013-14シーズン(48日)ですね。

まあこれについては、夏にピスラボをやるようになったので、プレシーズンに勘を取り戻すために狭山で2〜3日滑り込む必要が無くなったことも多少影響してます。でもやっぱり前みたいに「隙あらば滑りに行きたい」みたいな感じじゃなくなってきたのもまた事実。これからは量より質ってことでひとつ。

旅行回数 16回

単純計算で、1旅行あたり2.25日滑ってるということになります。だから何って訳でもないですが。

スキー場別滑走日数

9日 志賀高原
8日 かぐら
4日 白樺高原国際
3日 八海山麓・安比高原・よませ温泉
2日 戸隠・石打丸山
1日 竜王・X-JAM高井富士・至仏山BC
※よませ温泉とX-JAM高井富士は同日に両方のスキー場を滑った日があるので、合計が滑走日数36日に一致しない。

なんだかんだで今年も志賀がトップ。でも今年の途中からポールトレーニングの拠点をかぐらに移したので、来年はかぐらが逆転しそうです。かぐら、もうちょっと交通の便(というかあのバスの混雑!)がなんとかならないかなあ。

「心のホームゲレンデ」のはずの石打丸山は今年も訪問1回・2日だけの滑走となってしまいちょっと寂しいですね。

スキー板別滑走日数

ショート(NORDICA/DOBERMANN SPITFIRE EDT) 12日
GS(BLiZZARD/WRC WC-PISTON) 11日
ファット(Volkl/90 Eight) 12日
※試乗会のためどの板にも乗らなかった日があるので合計が滑走日数36日に一致しない。

結果的にですが、どの板もほぼ均等になりましたw

ショート板は、ヘタってしまい滑ってて楽しくないため、基礎トレーニングのときぐらいしか履かなくなっちゃいましたが来期は板を更新するので日数増えそうです。

大会出場 3戦

すべてGSでした。

当面の目標は「トップ集団に食い込む」ことですが果たせませんでした。最も善戦したのは南魚沼市長杯で、トップとの差は6.6秒(2本合計タイムで)。このときは割と固いコンディションだったのですが、柔らかい雪でのレースになるとさらにダメダメでしたね。体重的にGSももっと固い板でないとダメかもしれませんが、1シーズンに2本買い替えはキツい…※1しかも今期は密かにブーツの買い替えも画策している

   [ + ]

1. しかも今期は密かにブーツの買い替えも画策している

ゴールデンウィークまとめ:主に至仏山BCのこと

投稿者: | 2018年5月7日

ゴールデンウイークは尾瀬の至仏山で、ひさびさのバックカントリースキーをしました。

至仏山という山には、8年前の2010年に一度登ろうとしたことがあります。そのときはスキーをまだ本格的にやっていなかったので、バックカントリースキーとしてではなく普通の登山として登ろうとしたのですが、調査不足のため登山が禁止されている6月に訪ねてしまい、鳩待峠から引き返したという思い出。まあ尾瀬ヶ原の散策は楽しめたので全く何もせずに帰った訳ではないんですが、その時に尾瀬ヶ原からそびえ立つ至仏山を見、帰宅後にそこがバックカントリースキーのフィールドでもあるということを知り、「ああ、いつかあそこをスキーで滑ってみたいなあ」と思ったのが、その後スキーを本格的に再開したきっかけとなったりしたので、今回のBCはある意味「原点回帰」的な意味合いのあるものでした。

8年前に尾瀬ヶ原から見上げた至仏山

8年前に尾瀬ヶ原から見上げた至仏山

続きを読む