投稿者「fatyamaya」のアーカイブ

ブーツ製作カウンセリングを受けてきた結果

投稿者: | 2018年7月23日

来期に向けてスキーブーツを新調することにした。

手始めに、東京都板橋区でスキーブーツ設計・製造ショップ Ski Boots R&Dを 営む山本和男さんに、ブーツ購入とチューンナップについてのカウンセリングを受けてきた。

カウンセリングといっても、各種機器を用いた測定、私の脚(足)の3Dモデルをコンピュータ上に作成するための脚部の写真撮影など、事実上もうチューンナップの最初の段階を行ってきたような形だ。

と同時に、私がこれまでこのブログで書いてきたような、自分なりに自分の脚部を観察した結果をぶつけ、それについてスキーブーツ専門家としてのコメントをいただくこともできた。

結論としては、私の脚(足)の形状は、問題無いし、それほど特異なものでもない、とのことだった。脚(足)は正常だし、もちろん履いているブーツも正常なもの。ただし、正常な足で正常なブーツを履いていたとしても、それらのミスマッチによって問題が生じるということはあり得るし、実際私にはそれが起きている、というのがR&Dの山本さんの言であった。

それは具体的には以下のようなものだ。

続きを読む

石打丸山スキー場と私

投稿者: | 2018年7月18日

新潟県南魚沼市にある石打丸山スキー場。かつて足繁く通い、2級を取得した場所であり、かつてほど頻繁に訪問しなくなった今でも、私にとっての「心のホームゲレンデ」だ。

昨シーズン終了直後から一部のスキーヤー・スノーボーダーの間で囁かれていた、長らく待ち望まれていた長距離リフトの架設が、メディアからの情報としてアナウンスされた

これを機会に…というわけじゃないけど、私と石打丸山スキー場の思い出について語りたい。

石打丸山スキー場との出会いは、実を言うと「偶然」だった。

2011年の冬、成人の日絡みの3連休。2級取得を目指していた私は、上越国際スキー場で練習をしていた。このスキー場のホテル(ホテルグリーンプラザ上越)は一人で泊まると値段がバカ高いので、六日町駅前のビジネスホテルに宿を取っていた。六日町駅は上越国際スキー場前駅から2駅の距離にあるのだが、朝一番の列車は六日町を出ると上越国際スキー場前駅を通過してノンストップで越後湯沢駅まで行ってしまうので、一度越後湯沢駅で逆方向の列車に乗り換える必要があった。

連休最終日。六日町駅から越後湯沢駅に着き、折り返し上越国際スキー場方面への列車に乗り継いだ。ところが発車後1駅目の石打駅で、除雪の遅れのためしばらく運転見合わせとなってしまった。どうもしばらく動きそうにないので、そのまま石打駅で下車し、タクシーを呼んで、「一番近いスキー場まで連れてってください」と頼んだところ、たどり着いたのが石打丸山スキー場だった、という経緯だ。※1ちなみに、本当に石打駅から一番近いのは石打丸山ではなく石打花岡スキー場なのだが、そちらはリフト1本のローカルスキー場なので、運転手さんが空気を読んで(?)くれたことには感謝しなければならない。

そんな訳で事前情報ゼロで訪れた石打丸山スキー場だったが、意外なほどのスケールの大きさに驚くとともに、いくつかの点で、それまで自分の中にあった「スキー場像」とは異なることに気づいた。

まず、立地。スキー場というのは、街と切り離された「山奥」にあるものだという固定観念がそれまでの私にはあった。山奥とまでは行かずとも、ゲレンデ周辺にある建物はもっぱら宿泊施設・飲食店・レンタルショップなどスキー・スノーボード客向けの商業施設のみである、というのが私にとっての「常識」だった。ところが石打丸山は、もろに「住宅地」の隣にゲレンデがある。一般住宅があり、スーパーマーケットがあり、米屋や文房具店などがあり、スキー場がある。それもリフト1〜2本のローカルスキー場ならいざ知らず、全国区レベルの巨大スキー場である。この日常感は、逆に非日常的ですらあった。

次に、ゲレ食の異常なまでの多さ。それも全く統制が取られておらず、てんでバラバラな店構え・指向性の食堂群が林立、いや乱立している。ある店はおしゃれな洋食屋、ある店は生ビールの幟が高らかにはためく居酒屋、ある店はあろうことかゲレンデの中で焼肉が焼ける。まるでゲレンデの中に「商店街」が出現したかのようだった。

そしてゲレンデ。ゲレンデの中に「林」というものがほとんど無く、どこにいても見通しが非常に良い。後で知った話によると、森林伐採の規制が厳しくなる前にできたスキー場だからこそのことだという。当然コース幅も広く、適度な斜度を持ったねじれの無いバーンが複数。1本1本の滑走距離は短いが、滑走充実感は十分。3連休だったにも関わらず、リフトの混雑もほとんど無かった。

これは「掘り出し物」だ(もちろん元々有名ゲレンデであり、私に知識が無かっただけだが)と思い、その後コソ練のため頻繁に通うこととなった。2級を取った後も1級目指してせくせくと通った。結局1級はかぐらで取った※2石打でも受検したが不合格だった。が、その頃にはすっかり馴染みのゲレンデになっていた※3スタッフと顔見知りになったとかそういうことは無く、こちらが一方的に馴染んだだけ。ので、検定という目標から解放された後もまるで実家に帰るような感覚で頻繁に通った。

そんな石打にも、いくつかの変化が訪れた。

定宿の廃業。小さな宿だったが、親切な女将さんが取り仕切っていて、料理がとても美味しい宿だった。

ゲレンデレイアウトの変更。チロルゲレンデという練習に最適な中斜面の半面(実質的には2/3面ほど)を潰して、モンスターパイプという巨大なハーフパイプができた。その脇にかかっていた、チロルを回すのに最適だったシングルリフトは廃止された※42018-19シーズンのリニューアルで同じ場所にトリプルリフトが架設される模様。

これらはいずれも2016-17シーズンの出来事だったが、そのシーズンイン前の2016年秋には、スキー場とは直接関係ないものの、石打愛好家たちに衝撃をもたらす事件があった。ゲレンデから徒歩5分ほどの国道17号沿いにある食堂「石打ドライブイン」(通称石ドラ)が、火災で全焼したのだ。ドライブインといってもここは実質焼肉屋で、非常に美味い肉を出してくれていた。また、牛や豚の他、ラクダだのワニだのといった「ゲテモノ」の肉が食えることでも有名だった(私は食べたことは無いが)。

このニュースはSNS等を通じて瞬く間に石打愛好家の間に広がり、深い悲しみをもたらした。結局この年の冬は休業したものの、翌年に再建し、2017-18シーズンからは元気に営業を再開している。復活後にはまだ訪問していない※5一度訪問しようとしたのだが満席で予約すらできなかった。が、オフシーズンの間に一度は訪問したいと思っている。

閑話休題。

定宿の廃業と、愛用したチロルゲレンデの縮小は、私の足を石打から遠のかせることになった。それまで最低年6日は滑走していた石打だが、2016-17シーズンには一度も訪問せず、昨シーズン(2017-18シーズン)にも2日のみ。決して魅力の無いスキー場になってしまったとは思わないし、冒頭でも書いた通り「心のホーム」と言えるぐらいに愛着のあるスキー場であることに変わりは無く、気持ちとしてはもっと頻繁に訪問したいのだが、不思議と「足が向かない」としか表現のしようがない。

良い話題もある。冒頭で書いた通り、2018-19シーズンに、中央第1高速リフトと中央第2リフトを統合した新リフトができることが明らかになった。中央第2リフトは速度が非常に遅く、チロルゲレンデを回したいときや山頂を目指すときに不便だった。新リフトができれば、チロル→デビルダウン→スポーツマンのロングコース(レイアウト上ノンストップ滑走は難しいが)を1本のリフトで回せることになる。私にとっては、来シーズン訪問する積極的理由ができた。

   [ + ]

1. ちなみに、本当に石打駅から一番近いのは石打丸山ではなく石打花岡スキー場なのだが、そちらはリフト1本のローカルスキー場なので、運転手さんが空気を読んで(?)くれたことには感謝しなければならない。
2. 石打でも受検したが不合格だった。
3. スタッフと顔見知りになったとかそういうことは無く、こちらが一方的に馴染んだだけ。
4. 2018-19シーズンのリニューアルで同じ場所にトリプルリフトが架設される模様。
5. 一度訪問しようとしたのだが満席で予約すらできなかった。

X脚の強い味方?ブーツのカント補正

投稿者: | 2018年6月24日

骨の湾曲や、不随意な関節の構造ねじれによって生じたX脚には、全く解決策は無いのか?

以下はすべて仮説です。特にブーツのカスタマイズについては私は素人なので、実際のカスタマイズは専門家と相談して行ってください。

前の記事で書いた、私のような「膝下湾曲型」のX脚によるデメリットを減殺するためには、もしかしたら、ブーツのカント補正がある程度の効果を発揮するかもしれない。

ある程度というのは、前の記事の最後で触れたX脚のデメリットのうち「スキーに対して垂直に力をかけられない」という点については、ブーツのカント補正が有効だと思えるが、「脚部を曲げようとする無駄な力の存在」はこれでは解決できないと思われるからだ。

さらに、X脚のシルエット自体もこの方法では無くならないので、基礎スキーなど、フォーム・シルエットの美しさを気にする向きにも完全な解決策にはなりえない。

まずは次のように、直立状態でブーツ底面の内側が低く、外側が高くなるようにブーツを調整する。

こうすると、このまま傾いたときに、内脚の角付け角が小さく、外脚側の角付け角が大きくなるよう補正される。

「膝下湾曲型」のX脚では、もともと内脚の角付けが大きく、外脚の角付けが小さかったため、この補正により両脚の角付け角が等しくなる方向になる。

これにより、股関節からブーツ底面中心に引いた線が、ブーツ底面(=スキー板)に対して垂直に近くなるので、スキーを大きくたわませることができるようになることが期待できる。

ただし、脚部全体が内側に向かって構造的に湾曲していることは変わらないので、脚部を内側に曲げようとする無駄な力の存在はそのまま消えない。したがって、この方法では2つのデメリットのうち1つしか修正できない。また、X脚のシルエットそのものも無くならない。

ただし、このようなブーツカスタマイズをした場合、通常立位での体重負荷が足裏内側に偏るため、足首関節への負担や舟状骨(くるぶし下の骨)の突起化などに留意する必要がある。私は、現在左のブーツのみ、内側が低くなるようソールカントをつけているが、実際舟状骨が左足だけ突き出てきてしまっている。

X脚だけじゃない、ヤバすぎる脚の歪み

投稿者: | 2018年6月24日

自分の脚をよく観察すると、どうも単なるX脚ではないように思えてきた。

まず、脛骨(膝より下の骨)が外側に膨らむように湾曲している(これは整体でも指摘された)。

次に、膝の皿と脛骨の位置が素直に上下に並んでおらず、脛骨の上端が外側にずれて接続している。

図にするとこんな感じ。

このまま、特に何も考えずに傾く(角付けする)と、内脚の角付け角が大きく、外脚の角付け角が小さくなる。

外脚と内脚の角付け角が等しくなるように、外脚をもっと大きく倒し込むとこうなる。

さらにX脚のシルエットが強調される。またスタンスも広くなる。

この状態だと、股関節(上半身の力の「起点」)から、ブーツの底の中心を結んだ線が、底面に対して垂直にならない。スキーを最も大きくたわませるには、ブーツ底面に対して垂直の方向に力をかけたい(図の点線)が、それとずれてしまうため、スキーがしっかりとたわまないことになる。

また、前の記事でも触れた通り、脚部全体を曲げようとする力が働き、その分雪面に伝わる力が減少することにもなる。

膝関節のねじれも脛骨の歪みも、「体の使い方」では補正できず、また整体でも矯正できないので、たぶん修正することは不可能。

そもそもなぜX脚だとよくないのか

投稿者: | 2018年6月13日

そもそもスキーにおいてなぜX脚だと良くないのか。

ここではとりあえず「見た目」の問題は置いておく。

見た目以外でX脚が引き起こす問題点は、今のところ次のようなことだと考えている。

以下はすべて仮説です。

脚という物体を、上半身の重さをスキー板に伝達するための構造材として捉えた場合、X脚というのは「湾曲した、または折れ曲がった部材」ということになる。

上半身の重さという力の「起点」を股関節、「終点」を足裏とした場合、脚が真っ直ぐな形状であれば、力(上半身の重さ)は全て「圧縮力」として作用する。

脚にかかった圧縮力は、一部関節の腱の収縮などで吸収はされるが、骨はほとんど圧縮変形しないので、殆どがそのままロス無く足裏に伝わる。

ところが、「曲がった脚」に対して力をかけると、掛けた力のうち無視できない割合が、脚部に対する「曲げ力」として作用する。骨はやはり殆ど曲がらないが、その分関節、特に変形アーチの頂点に位置する膝関節が曲げ力をもろに受けることとなる。

膝関節の、曲げ力に対する抵抗力が無限大であれば(これを剛結合という)、これによる力の伝達ロスは無いが、そうでなければ上半身が与えた力のうち一定の割合は「脚を変形させる力」として消費されてしまう。極端な話、仮に膝関節が完全に自由回転する構造(ピン結合という)であれば、上半身が与えた力は全くスキーに伝わらない。

いずれにせよ、膝関節が全く変形(左右方向に回転)しない人などいない以上、曲げ力によって「スキーを雪面に押さえつける力」は失われる。そしてその分エッジングが弱くなる。

これが、X脚が滑りに与える不具合である、というのが私の現段階での考えだ。

デブは上体がスキーに置いていかれるリスクが高いかもしれない

投稿者: | 2018年5月20日

以下は全て仮説です。

デブは体の「上の方」(尻から上)の比重が大きい。

軽い物体(質量が小さい物体)と重い物体(質量が大きい物体)では慣性に差がある。軽い物体は慣性が小さく働き、重い物体は慣性が大きく働く。言い換えると、軽い物体は「動きやすく、止めやすい」。重い物体は「動きにくく、止めにくい」。

ここで、軽い物体と重い物体が上下に結合されている状況を考えたい。完全に一体化した結合(剛結合)ではなく、ある程度の弾性をもって結合している状況だ。

下部に軽い物体、上部に重い物体が配置され、さらに最下部に物体を移動させる動力があるとする。

この動力が作動して物体を移動させるとき、(弾性体なので)まず下部が動き出し、少し遅れて上部が動き出す。下部が軽く、上部が重い場合、下部のほうが「動きやすい」ので、下部はスムーズに移動を開始するが、上部はなかなか動き出せず、「置いていかれる」形になる。

言うまでもなく、これはデブがスキーするときの状況をモデル化したものだ。

デブは体がスキーに「置いていかれる」可能性が高い(この「置いていかれる」は「後傾」とは少し違う概念だ)。

体がスキーに置いていかれないためには、基本的には前傾を強めることで対策できるが、骨盤が前傾せずに上半身だけが前傾した形になると効果が薄い。とはいえ骨盤という外から見えないものを操作するのは難しいので、腰を「台」にして、その台で上体を前に押し運んでもらうようなイメージを持つといいかもしれない。また、骨盤という「台」に載っている上体の側も、きちんと「運んでもらう」ためには、形状がブヨブヨと変化しないよう、ある程度腹筋と背筋を使って体を「締める」こと、イメージとしては「一つの塊」になるようにすること(ガチガチに固める必要は無いが)が肝要だろう。

特にコブでは、激しい減速と加速が極めて短いスパンで繰り返されるので「置いていかれる」リスクは高くなる。コブでは上体は起こし気味にするのが良いとよく言われる(少なくとも基礎スキー界隈では)が、デブの場合は必ずしもその教えに従うことが安定性にとって有利に働かない可能性がある。

草津国際スキー場について

投稿者: | 2018年5月17日

本州中央部で、温泉とスキー・スノーボードをコンボで楽しむなら、野沢温泉か草津温泉だろう※1東北も含めるなら、蔵王温泉も候補に挙がってくる。

滑り重視なら野沢、温泉&観光重視なら草津。草津の場合、野沢と違ってどんな小さな宿にもまず温泉が引かれていて、わざわざ外湯に入りに行かなくともいつでも源泉掛け流しの極上の湯に浸かれるのが魅力だ。

そんな草津のスキー場、草津国際スキー場が、2018年1月23日の本白根山・鏡池付近からの噴火により、上部1/3に当たる本白根ゲレンデおよびそこにアクセスする白根火山ロープウェイ(という名前のゴンドラ)が廃止された。

同時に、スキー場の名称も「草津温泉スキー場」に変更された。この改称は小さいようで大きい。「国際」からは、「世界に通用するスキー場たらん」という意気込みが感じられたが、「草津温泉スキー場」からは、「あくまで温泉に付随したスキー場ですよ」という控えめなニュアンスが感じられる※2「野沢温泉スキー場」も同じ命名法だが、あちらは言葉でアピールする必要も無いぐらいスケールが大きく、一度でも訪れれば温泉にスキー場が付随しているとは誰も思わないだろう。

もっとも、「国際」時代もそれほど大きなスキー場というわけではなく、野沢温泉のように急斜面やらパウダーやらが期待できるスキー場でもなかった。どちらかというと滑りよりも景観が売りの「レジャーゲレンデ」的位置付けだったと思う。

しかし、その売りである眺望は本当に素晴らしかった。単に眺望が良いというだけでなく、火山という希少性のある地形の中に開けたスキー場なので、その眺望はある種の「奇観」であり、白馬や志賀も眺望は良いが、それとは質を異にする、いわば「日本離れ」したオンリーワンな景観だった。

廃止となっていない、中腹の青葉山ゲレンデからもその一端は伺えるが、やはり山頂からの眺望こそが草津国際の真骨頂だったと言えるだろう。

…などと訳知り顔で語ってみたが、私は実は一度しかこのスキー場には訪れたことがない※3車でスキー場トップ付近にアクセス可能となるグリーンシーズンには、何度か訪れたことがある。。去る2月に2度目の訪問を予定していた矢先に、噴火のニュースが飛び込んできた。温泉街およびゲレンデ下部は立入規制範囲外だったので、自分一人ならそのまま訪問したかもしれないが、そのときはグループ旅行、それも小さな子供もいるグループだったので、「万々が一」を考え、旅館の方始め現地の方には申し訳無いと思いつつ、キャンセルしたのだった。

本白根ゲレンデおよび白根火山ロープウェイが「休止」ではなく正式に「廃止」とアナウンスされた以上、この先復活することは無いだろう。私の訪問時は天気が悪く※4天気の良い日もあったが強風で上がれなかった、良い写真は撮れていないのだが、そのうち史料的意味合いも出てきそうなのでそのときの写真を載せておきたい。

 

   [ + ]

1. 東北も含めるなら、蔵王温泉も候補に挙がってくる。
2. 「野沢温泉スキー場」も同じ命名法だが、あちらは言葉でアピールする必要も無いぐらいスケールが大きく、一度でも訪れれば温泉にスキー場が付随しているとは誰も思わないだろう。
3. 車でスキー場トップ付近にアクセス可能となるグリーンシーズンには、何度か訪れたことがある。
4. 天気の良い日もあったが強風で上がれなかった

プロに体を診てもらった結果

投稿者: | 2018年5月16日

以前の記事で、私自身のX脚について、素人なりの観察で原因を考察した

確証と改善策を得るため、整体クリニックで診断を受けた。アスリートも利用しているというクリニックだ。

以下、その結果。

大腿骨が骨盤に対して外に開いている(外旋位)ことと、脛骨が外側にふくらむように湾曲していること。この両方が組み合わさってX脚になっている。

この点、自分自身の見立ては正しかった。

脛骨の湾曲は、外科手術を行わない限り治せない。

大腿骨が骨盤に対して外に開いている状態については、整体の手技および普段の姿勢改善で治すことが可能。

脛骨の湾曲が治せない以上、X脚の完全な矯正は不可能だということがわかった。

大腿骨が骨盤に対して外に開いている原因は、骨盤の後傾にある。

この骨盤の後傾は、X脚だけでなくさまざまな問題を私の体に引き起こしているということがわかった。詳しくは割愛するが、腰痛・肩や腰のコリ・下半身のむくみなど。いずれも自覚症状は無いが、自覚が無い分、「限界ライン」を超えた瞬間に致命的な症状となる可能性があるとのことだ。

骨盤の後傾は、スキー滑走においても「よくないこと」とされているので、ぜひ改善したいところだ。

左右の歪みについても指摘を受けた。

右の骨盤が上がっており、右脚が左脚に対して「短い」状態にある。バランスを取るために、右肩が下がって左肩が上がっている。

これは、ブーツチューンのときにも指摘を受けていたことだ。ある程度ブーツの調整で補正できているが、ゴマカシの効かないコブになるとてきめんに左右差となって表れる。整地でもときおり左外足が「軽い」感じになるのは、左肩が上がっているせいだろう。

姿勢の歪みが慢性化すると、骨と骨の間に癒着が発生したりして、整体の手技でもどうにもならなかったりする場合もあるとのことだが、幸い私の場合はそこまで深刻ではなく、手技を受けた後の検査では「7~8割程度正しい姿勢が回復できた」という結果を得ることができた。

実際、受診後は、立っているとき・歩いているときの姿勢がこれまでと比べかなり異なるものとなっていることが自覚できた(すごくふんぞり返っているような感じがしてちょっと違和感があるが)。また、骨盤が後傾しているときと、そうでないときの姿勢の違いも自覚できるようになった。

以下は今後の生活で留意すべきこと。

  • 骨盤が正しく前傾しているときの姿勢を覚え、立っているとき・歩いているとき・座っているとき、常にその姿勢を意識する。
  • 脚を組んだり、あぐらをかくことは極力避ける。体が左右非対称となってしまうため。
  • 椅子には深く腰をかける。背もたれに体を預けすぎないようにする。
  • 内転筋を鍛える。

シーズンオフの数カ月でどの程度改善できるか、自分の体を使って実験するつもりで試してみたい。

ストレッチング・ベンディングの整理

投稿者: | 2018年5月11日

世の中のスキーフリークたちが語る「スキー技術論」、あるいはスキー雑誌や「上達本」が語る技術論の中にしばしば登場する「ストレッチングターン・ベンディングターン」の理解のされ方に、前々から得心が行かないものがあった。

一般的なベンディング・ストレッチングの理解のされ方というのは以下のようなものだと思う。

「ベンディングターンは、ターン中に脚を伸ばし、切り替えで脚を縮める滑り方である。
 ストレッチングターンは、ターン中に脚を縮め、切り替えで脚を伸ばす滑り方である。」

果たしてこのように単純なものなのだろうか?

例えば、http://www.effectiveskiing.com/Topic/Transitionの「Recentering」の節にあるこの連続写真。

これをストレッチングかベンディングか議論すると、「切り替え(2コマ目)で脚が縮んでいるからベンディングだ」と言う人が出てくるだろう。

私は必ずしもそうとは言い切れないと思う。

以下は全て仮説です。

続きを読む

2017-18シーズン振り返り 新規開拓編

投稿者: | 2018年5月10日

今シーズン新規開拓したスキー場は3箇所。

竜王スキーパーク

ここは志賀と野沢というビッグネームに挟まれて、格安スキーツアー誘致に活路を見出したスキー場。なので客層は初心者のワカモノ中心で、自分のようなヒトリストおっさんが訪れるのは場違いな可能性は感じていたのだけど、「木落し」という名物コースは一度は滑っておきたいという思いで訪問しました。

まあパウダーは無かったので木落しの魅力というやつを味わうことは叶わなかったのですが、天気が良かったのでそこそこ楽しめました。でも2度は行かないかな。ホスピタリティが「客層相応」になってしまっているのが残念。かぐらが「経営は残念だけど現場は頑張ってる」スキー場だとするなら、その真逆で、「経営は頑張ってるけど現場が倦んでいる」スキー場という感じ。

竜王動画

X-JAM高井富士

ここも、パークが売りのゲレンデってことで、ほぼほぼスノーボーダーで占められているのは覚悟の上で行ったんですが、意外と良かったです。客層が「緩斜面だけ滑る初心者」と「パークに入り浸るガチフリースタイラー」に二分されているので、上部の中斜面を滑る人が誰もいないw

よませ温泉スキー場

中程度以上の斜度が長く続く幅広コースが多数あって、カービング大好き人間にとってはいいスキー場ですな。さすがはレーシングの聖地。眺めもとても良かった。

でもリフトレイアウトは見直してほしいなー。具体的には山頂のみを繰り返し滑れるリフトを架けてほしい。

X-JAM&よませ動画

 

あと、新規開拓とは言い難いけれど、志賀高原の横手山・渋峠エリアも初めて滑走しました。とはいえ雪が少なくなったゴールデンウィークの滑走のみでハイシーズンには滑っていないので、スキー場の評価は正しくできないっすね。とりあえずさすがは標高日本一のスキー場(リフト有り)だけあって、眺望は最高でした。