かぐらでタフバーンに翻弄された2日間

日記

前の週に引き続き、かぐらで滑ってきました。今回は土日の1泊2日。

12月14日(土)

天気は快晴!

山麓の三俣民宿街にて。
山麓の三俣民宿街にて。

雪が少ないせいなのかどうかわかりませんがいつも激混みになるリフト券売り場やロープウェイ乗り場が拍子抜けするほど空いていました。8時半すぎで、ロープウェイは2便待ち程度。

意外なことに空いていたリフト券売り場とロープウェイ。
意外なことに空いていたリフト券売り場とロープウェイ。

ゴンドララインは相変わらずピスラボ丸出し状態ですが、うまく端の方を滑ればそれほどピスラボ踏まずに滑ることができました。でもまだまだ新板は持ち込み厳禁。

かぐら1高山頂では、素晴らしい眺望が出迎えてくれました。

かぐらメイン上部にて。素晴らしい眺望。
かぐらメイン上部にて。素晴らしい眺望。

しかし足元の雪面はなかなかにタフな状況。メインゲレンデ上部の緩斜面部分はそこそこ(あくまでそこそこ)気持ちよく滑れますが、落ち込みから下はずっとガリガリorボコボコバーン。部分的にジャガイモも発生して油断ならないコンディションです。こういう場所では余計なことは考えずとにかくポジションキープ!いやいい練習になります。

タフな状況のかぐらメインゲレンデ。
タフな状況のかぐらメインゲレンデ。

そのうち脇にコブラインができたので、コブ中心に攻めていきます。いやーシーズンイン2日目からコブを堪能とは贅沢だなぁ(棒読み)

しばらくすると、かぐら第1高速に並走する第3ロマンスリフトが動き始めました。1高の混雑を回避できるリフトですが、フード無しの低速リフトなので寒い時には乗る気になりません。しかしこの日のように天気が良い日なら最高にリラックスした時間を過ごせるリフトです。リラックスのポイントはフットレスト。こいつにだらしなく足をのっけて、ヘルメットも脱いでぼんやり過ごすのは至福の時間です(笑)。

第3ロマンスリフト上にてリラックスのひととき。
第3ロマンスリフト上にてリラックスのひととき。
どうせ傷だらけになるので、ヘタりきったボロ板で滑走。
どうせ傷だらけになるので、ヘタりきったボロ板で滑走。

午後1時ごろには3ロマが停止し再び混雑する1高に乗らざるを得なくなったため、いい頃合いと判断。ゴンドラ下り乗車でみつまたゲレンデに移動し、ファミリーコースを数本クールダウン的に滑ってから撤収しました。

12月15日(日)

夜中には三俣の山麓では雨が降っていましたが、上の方では雪だった様子。みつまたゲレンデにも数cmの積み増しがあるようでした。

日曜朝のみつまたゲレンデ。
日曜朝のみつまたゲレンデ。

この日はかぐらゴンドラが機械トラブルによる点検で最初から動かず、30分ほど遅れて8時ごろに動き出しました。それとほぼ同時にゴンドラに乗り1高トップへ。風が強くリフトがよく揺れましたが視界が妨げれられるほどではありませんでした。

この日は降雪があったお陰か圧雪が入っていましたが、それでもこの少ない積雪では圧雪効果にも限界があり、昨日までにできた凹凸は完全には潰しきれてはおらず、油断するといきなり跳ね上げられて怖い。上から見てコースの左側寄りを滑るのが安全でしたね。

一応シマシマだが…
一応シマシマだが…
雪面にはジャガイモが。
雪面にはジャガイモが。
終始このくらいの、滑るには困らない程度の天気でした。
終始このくらいの、滑るには困らない程度の天気でした。

人も多いため低速練習を中心に1高を11本ほど回した後、ゴンドラコース(非圧雪)を滑ってみつまたへ。天候は回復基調にあったので、昨日同様みつまたで何本か滑ろうかとも思ったんですが、みつまた1高がものすごい混雑だったので潔く撤収。まだ午前11時を回ったところですがまあ十分滑りました。午後1時台の新幹線でゆとりの帰宅としゃれこみました。

みつまた第1高速の混雑を尻目に撤収。
みつまた第1高速の混雑を尻目に撤収。

各地のゲレンデが緩斜面フラットバーンで営業している中、ここかぐらは「シーズン初めからとにかくハードでタフなコンディションで己を追い込みたい」という人にはうってつけのゲレンデです(笑)。一部の人は閉鎖中のジャイアントコースやテクニカルコースでプチパウダーを楽しんでいたようでした(推奨する意図はありません笑)。

日記