かぐらで2019-20シーズン初滑り

日記

12月8日に2019-20シーズン初滑りをしてきました。場所は「いつもの」かぐら。

実は元々この日滑りに行く予定は入れてなくて、翌週の14~15日に初滑りの予定だったのですが、7日土曜日の朝にウェブサイトを見たところ、みつまたファミリーコースがオープンすると出ていたので急遽宿と新幹線の予約を入れ湯沢に向かったのでした。

7日土曜日の午前に所要を済ませてから出発したため、現地に着いたのはもう16時ごろだったので、土曜日は滑らず、翌8日の日曜日に初滑りを果たすことにしました。

8日の天気は雪。麓の気温が0度を少し下回るぐらい。みつまたロープウェイの初便に乗って、とりあえず行けるところまで行こうということで、かぐらメインコースで19-20シーズンをスタートしました。ちなみにゴンドラ乗り場に向かう斜面(ゴンドラライン)はかなりピスラボが露出してました。

朝一番のメインゲレンデの様子。
朝一番のメインゲレンデの様子。

かぐらにおいて積雪量の目安になるのがゴンドラ山頂駅の前にあるデッキですが、この日は根元まで丸出し。まだまだ雪が欲しいところですね。

デッキは根元まで丸見えの状態。
デッキは根元まで丸見えの状態。

メインゲレンデはどうも前夜に圧雪が入っていないらしく、午前8時にしてすでに雪面はボコボコ、途中の急斜面になるあたりではジャガイモどころかカボチャ大の氷塊も転がっており、ちょっと危険な状況。おまけに次第にガスが出てきて視界も悪くなりました。

オープンしたてのパノラマコースはどうだろうと思ってそちらに向かってみますが、ここは「これ本当にオープンしてるの?」と疑わざるを得ない状況。ブッシュは出まくり石は転がりまくり、もちろん圧雪なんて入ってないのでボッコボコの不整地。何も楽しくないので1本で撤収。

ブッシュと石ころだらけのパノラマコース。
ブッシュと石ころだらけのパノラマコース。

ちなみに、今年から、パノラマコースの下部(第4ロマンスリフト乗り場)付近から、ジャイアントコースの最下部を経由して1高乗り場に直接滑り込める新コースができました。田代エリアからかぐらエリアへの移動が便利になっただけでなく、これの存在によって、第4ロマンスリフトを動かさずともパノラマコースをオープンさせることができるようになったのは結構大きな変化だと思われます※1ケチなプリンスグループのことなので、混雑時以外ほとんど第4を動かさなくなるんじゃないかという不安がよぎりますが…。

さて、10時少し前になる頃には、かぐら1高も混んできました。とはいえ待ちはせいぜい2~3分といったところ。むしろゲレンデ上の人口密度が上がってきて落ち着かないので、いい頃合いと判断し、みつまたゲレンデへ戻りました。戻る時はゴンドラコースを滑ったのですがこちらもボコボコで疲れました。素直にゴンドラに下り乗車した方がいいですね。

混んできた1高乗り場。
混んできた1高乗り場。
ゲレンデの人口密度も上昇。
ゲレンデの人口密度も上昇。

戻ってきたみつまたゲレンデは、そこそこ混んでましたが雪面の荒れ具合はかぐらゲレンデと比べるとだいぶマシ。安心して基礎練習に取り組むことができました。リフトの混雑も、シングルレーンを使えば1分以内には乗車できる感じでストレスフリー。結局みつまたファミリーコースで休憩挟んで10本ぐらい回しました。

みつまたゲレンデ。人は多く視界もいまいちだけど、雪面状態は良好。
みつまたゲレンデ。人は多く視界もいまいちだけど、雪面状態は良好。

シーズンイン時にはいつものことなのですが、膝が痛くなってきたので13時すぎには滑走終了し、まだ明るいうちに自宅に戻りました。

今回は、新調したブーツでの初滑走でもありました。そのインプレッションは別記事にしたいと思います。

   [ + ]

1. ケチなプリンスグループのことなので、混雑時以外ほとんど第4を動かさなくなるんじゃないかという不安がよぎりますが…。

日記