X脚だけじゃない、ヤバすぎる脚の歪み

投稿者: | 2018年6月24日

自分の脚をよく観察すると、どうも単なるX脚ではないように思えてきた。

まず、脛骨(膝より下の骨)が外側に膨らむように湾曲している(これは整体でも指摘された)。

次に、膝の皿と脛骨の位置が素直に上下に並んでおらず、脛骨の上端が外側にずれて接続している。

図にするとこんな感じ。

このまま、特に何も考えずに傾く(角付けする)と、内脚の角付け角が大きく、外脚の角付け角が小さくなる。

外脚と内脚の角付け角が等しくなるように、外脚をもっと大きく倒し込むとこうなる。

さらにX脚のシルエットが強調される。またスタンスも広くなる。

この状態だと、股関節(上半身の力の「起点」)から、ブーツの底の中心を結んだ線が、底面に対して垂直にならない。スキーを最も大きくたわませるには、ブーツ底面に対して垂直の方向に力をかけたい(図の点線)が、それとずれてしまうため、スキーがしっかりとたわまないことになる。

また、前の記事でも触れた通り、脚部全体を曲げようとする力が働き、その分雪面に伝わる力が減少することにもなる。

膝関節のねじれも脛骨の歪みも、「体の使い方」では補正できず、また整体でも矯正できないので、たぶん修正することは不可能。

コメントを残す

管理者の承認後に表示されます。メールアドレスは公開されません。